桜が咲いちゃう前に

(2021年03月17日)

 

こんにちは。尾鍋組の大石です。

近頃、会社までの山道の桜がちらほら芽吹き始めていて春の訪れを感じます。
と言いつつ、今回は、先日見てきた松阪付近の梅の名所2箇所をご紹介します。
今年はもうほぼ散ってしまっていますが。。。

 

一つ目は、伊勢市の臥竜梅。

枝が横に広がり、高さ約2メートルの竜が寝そべっている姿に似ていることから「臥竜梅」という名がついたそうです。
見ごろは3月の上旬。

 

実の成り方が面白く、花びらのようにたくさんの実が付きます。

(伊勢市ホームページ引用)

実がなった時にもう一度行ってみたいと思います。

 

 

二つ目は、津市の結城神社。

 

毎年しだれ梅まつりを開催しており、境内神苑には「しだれ梅」約300本のほか10種類80本の梅の木が植えられ、赤・白・ピンクと様々な色の梅を楽しめます。
こちらも見ごろは3月上旬。

 

曇り空で、少し見に行くのが遅くて散っているのもありましたが、中にはひとつで紅白に色ずく梅もあったり、、、

(クリックして見てみてください!)

 

寒い冬が終わって、活動しやすい季節になってきましたね。
今年は去年の分を取り戻す勢いで、出かけられたらいいなと思います。

 

 

 

それではみなさん、健康に気を付けてお過ごしください。ではまた!
紹介文は下記のHPを参考にしました。

クリック👉 https://www.kankomie.or.jp/season/detail_51.html

 

 

   
スタッフブログ


施工見学会・事業説明会
  • カテゴリー

  • アーカイブ

ページの先頭